女性専用で安心!センチュリオンキャビン&スパに泊まってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
センチュリオンキャビン&スパ

やすまるメンバーのH(26歳女性)です!今回は女性専用カプセルホテル、センチュリオンキャビン&スパ(centurion cabin&spa)に泊まってみました。

利用前には不安になる快適さやアメニティ、清潔感など実際の体験をレポート。サウナやお風呂だけでも利用できるため、SPAに宿泊施設がついているイメージですが、泊まってみたい方もSPAだけ利用したい方もぜひ参考にしてください!

1.センチュリオンキャビン&スパってどんなところ?

施設の概要とアクセス、実際に泊まってみた体験からセンチュリオンキャビン&スパがどんなところかをまとめてみました。

1-1.センチュリオンキャビン&スパの概要

アクセス 東京メトロ赤坂見附駅から徒歩2分
JR赤坂駅から徒歩3分
住所 東京都港区赤坂4-2-4 赤坂Leeビル2F
営業時間 24時間
利用者区分 女性のみ
設備/アメニティ Wi-Fi、コンセント、スマホ用充電器、TV、iPad、大浴場、サウナ、足湯、部屋着、タオル、歯ブラシ、シャンプー、コンディショナー、クレンジング、ウォッシング、ボディタオル、化粧水、乳液、ドライヤー、貴重品ロッカー、ドリンクサービス
周辺施設情報 近くにセブンイレブン、デイリーヤマザキあり
駐車場 なし

※スマートフォンご利用の場合は横スクロールでご確認ください。

1-2.センチュリオンキャビン&スパへのアクセス(地図)

住所:東京都港区赤坂4-2-4 赤坂Leeビル2F

1-3.センチュリオンキャビン&スパの特徴

①女性専用で安心&アメニティが豊富

冒頭でも書いた通りホテル丸々女性専用です。館内着でエレベーターに乗ったら男性客に鉢合わせることもないですし、スタッフさんもみなさん女性なのでなんだか安心ですね。

安心しすぎて、同じ日に泊まっていた外国人のお客さんはタオル1枚でサウナやベッド(キャビン)を行き来するほどでした…。

また、女性のみをターゲットとしているだけあって、アメニティや設備の豊富さには脱帽状態。

センチュリオンキャビン&スパロッカー2

部屋着とタオルの無料レンタル、歯ブラシ、ヘアゴムはもちろん(?)、お風呂にはシャンプー・コンディショナー・クレンジング・ウォッシング・ボディタオル全て揃い、お風呂やロッカールームの洗面台には化粧水や乳液類も!持っていくのはもはやコンタクトレンズの液くらい。。。

②スパだけもOK!宿泊は事前予約が安い

センチュリオンキャビン&スパでは、スパ(お風呂・サウナ・ラウンジなど)の滞在時間ごとコースと、宿泊のコース(キャビンコース)があります。

キャビンコースのみ予約が可能で宿泊の部屋タイプを「デラックス」「スーペリア」と「スタンダード」の3種類から選べます。

※「デラックス」は私が予約した時は空室がなかったようで、あとから存在を知りました…。そのためほぼ情報が無いです。

「スーペリア」と「スタンダード」の各違いは以下。

・「スーペリア」…個室で狭めのベッド
・「スタンダード」…二段ベッドみたいな感じ

≪スーペリア≫

センチュリオンキャビン&スパスーペリア

出典:Hotels.com

≪スタンダード≫

センチュリオンキャビン&スパスーペリア

出典:Hotels.com

1階建ての「スーペリア」のほうがお値段が高めと思いきや、公式サイトに記載されている定価はキャビンの区別が無く同じ5,500円。

ただし!インターネットからの事前予約の金額をみると、「スーペリアキャビン」が3,980円、「スタンダードキャビン」が3,500円で激安!
※宿泊日によって料金が異なります。

空室があればウォークイン(事前予約なし)でも泊まれますが、予定が決まっているのであれば事前予約をしないと損です。

■センチュリオンキャビン&スパ公式HP

センチュリオンキャビン&スパHP

※公式サイトはBooking.comへアクセス後の予約となります。

Booking.comのほか、Hotels.comでも予約可能

■公式サイトの料金表(2015年11月)

 コース 利用時間 料金 時間帯
 足湯 60分 ¥1,000 終日
 ショート 90分 ¥1,500 終日
 3時間 3時間 ¥2,000 終日
 6時間 6時間 ¥3,000 終日
 デイフリー 10時間 ¥4,000 チェックインから10時間
 ナイトフリー 10時間  ¥4,500 チェックインから10時間
キャビン 21時間 ¥5,500 14:00~翌11:00

※全てのコースでお風呂・サウナ・休憩ルームの利用可
※キャビンコース以外でのキャビンの使用不可
※キャビンコース以外は深夜割増料金あり(22:00~6:00にチェックインの場合 500円 増し)

③立地が良い

場所は赤坂見附駅から徒歩2分、赤坂駅から徒歩3分で駅近。

口コミで「場所が分からなかった」という人がいましたが、私は問題ありませんでした。

周りにはお店がたくさんあって夜でも怖くないですし、コンビニや遅くまでやっている飲食店がたくさんあるので、立地は◎です!

住所:東京都港区赤坂4-2-4 赤坂Leeビル2F

2.各フロアと設備の紹介

センチュリオンキャビン&スパがあるビルは5階建てで、1階は飲食店なので2階からがスパ&ホテルになります。

【1F】…飲食店、入口
【2F】…フロント、お風呂サウナ
【3F】…、休憩ルーム(足湯)、ロッカー、ランドリー
【4F】…スーペリアキャビン、ロッカー
【5F】…スタンダードキャビン、ロッカー

スパだけの利用者は2Fと3F、宿泊の利用者は2F・3Fと各利用キャビンの風呂が利用できます。

3.泊まってみました♪

ここからは実際に泊まった体験記です。ちなみに筆者は出張の際にセンチュリオンキャビンを利用しました!

3-1.ホテルに到着

ホテルがあるビルの1Fには飲食店が入っており飲食店脇(左)の階段から2Fに上がるとフロントがります。階段は結構狭く、大きなスーツケースを持っている人は大変そう。

センチュリオンキャビン&スパ入口

ちなみにフロントのスタッフさん曰く、センチュリオンキャビン&スパの利用客の半分が外国人の方とのこと。それで階段の壁が和風なんだか中国風なんだか日本人にはちょっと分かりづらいテイストなんでしょうか。。。

センチュリオンキャビン&スパ入口2

3-2.チェックイン

2Fに上がると靴箱とフロントが。靴を靴箱に入れてフロントとチェックイン後、自分が使うキャビンの番号とロッカーのカギをもらいます。

外国人スタッフが多いと口コミにも書いてありましたが、私のチェックインをしてくれたのもアジア系の外国人の方。その方は日本語ペラペラだったので何も問題はありませんでした。

チェックインを済ませ施設の奥に進むと廊下沿いにいきなりお風呂の入口が!

「こんなフロントの近くにお風呂!?」と思いましたが、まあカーテンもありますし、女性しかいないので大丈夫ではあるんでしょうけど、ちょっとびっくり。ちなみにもっと奥にはサウナもあります。

3-3.ロッカー

ロッカーは3F~5Fの各フロアにありますが、SPAだけの人は3F、スーペリアキャビンは4F、スタンダードキャビンは5Fのロッカーを使います。私はスタンダードキャビン利用者のため5Fへ。階段だけでなくエレベーターもあるのでご安心を。
ロッカールームはこんな感じ。

センチュリオンキャビン&スパロッカー

ロッカールームには洗面台があり、洗顔系やドライヤーもあるので朝の準備はここで全て整います。ちなみに洗顔系はクレンジング・ウォッシング・化粧水・乳液と完璧に揃っています。正直ビジネスホテルに泊るより荷物が楽です。

センチュリオンキャビン&スパロッカー2

チェックイン時にもらった鍵でロッカーを開けると、中にメッシュのバッグがあり、館内着とタオル歯ブラシなどのアメニティが入っています。大きめの荷物は入らないので、ロッカールームの隅に置くか、キャビンルームに持ちこみます。ロッカールームで着替えを済ませ、貴重品をロッカーにしまって、いざサウナへ!

センチュリオンキャビン&スパロッカー3

3-4.サウナ

サウナに入るには館内着からサウナ着に着替えなければいけません。サウナ着は2Fのお風呂の近くに置いてあるため、一着いただきお風呂の脱衣所でお着替え。

サウナは低温でテレビ付きなので、何時間でもいれちゃいます!しかも私が入っている時は他のお客さんが誰もいないので、バラエティ番組を見ながら爆笑だって出来ちゃいます!

センチュリオンキャビン&スパサウナ

センチュリオンキャビン&スパサウナ2

廊下の給水機で水分補給しながら1時間サウナを楽しみました♪

3-5.お風呂

サウナを1時間楽しんだところで時間も時間だったのでお風呂へ。お風呂にはシャワーが6か所ほどあり、この規模のSPAであれば込み合ってって使えないということ無さそうです。

センチュリオンキャビン&スパお風呂

出典: CENTURION CABIN & SPA(人がいたので写真とれませんでした…)

また、シャンプー・コンディショナー・ボディシャンプー・ボディタオルと必要なものは勢ぞろい。重い思いして色々持ってきた自分を哀れに思う程です。

ただ、問題は湯船…。事前の口コミにも書いてあったのですが、お湯がぬるい!口コミ書いた人のときにたまたまぬるかったのかな?と思っていましたが、いつもぬるいようです。遅い時間に入ったから冷めてしまったのでしょうか?湯船に入れた足をすぐ引っ込めてお風呂から退散しました。

センチュリオンキャビン&スパお風呂2

出典: CENTURION CABIN & SPA

3-6.休憩ルーム

お風呂からあがり、3Fの休憩ルームを見学。まずは洗面台でドライヤー。お風呂場を含め各フロアにドライヤーがありますが、広々していて座って乾かせる3Fのドライヤーを使わせていただきました。

センチュリオンキャビン&スパ休憩室

そのあとはこのSPAが売りにしている(?)濡れない足湯を体験。どんなものかと思ったら、お湯じゃなくて、温かいボール?ビーズ?の中に足を入れる形式。傍らにある雑誌を読みながらゆっくり…は出来るのですが、衛生上の関係で足に付けなければならないビニール袋のせいで熱い!最後は足を入れずに雑誌を見てました。

また、この風呂はには大型のTVや無料ドリンク(←これ嬉しい)、マッサージチェア(有料)があり、常に誰かがこのフロアを利用していました。

ちなみに休憩ルームと同じ3Fには、長期滞在者用の洗濯機があります。

センチュリオンキャビン&スパ洗濯機

3-7.スタンダードキャビン

だいぶ遅くなったんのでそろそろ寝床へ。私が泊まったのはスタンダードキャビンで、キャビンルームに入ると、通路の両脇にカプセル?二段ベッド?並んでいました。みんなキャリーケースを廊下に置いてます。

センチュリオンキャビン&スパキャビン

指定されたキャビンにたどり着き、閉まっていたロールカーテンを開けると…、なんと誰かの水筒が!「え!?」と思いエレベーターホールまで戻ると運よくスタッフの方が。誰か別の人が私のキャビンを使っている!と訴え、別のキャビンを交換してもらいました。この交換に伴いロッカーも移動。「誰か間違えちゃたんだねー」私もスタッフさんも笑いながら一件落着です。

仕切り直して今度こそ私のキャビンへ。私のキャビンは2段目で梯子を上ってキャビン内に入ります。入ってみた感想は「広い!」の一言。長さ?は男性でも余裕なレベルで、二段目だからか天井がなく、カプセルと違ってキャビン内で着替えが出来ちゃうレベルです。

センチュリオンキャビン&スパキャビン2

また、キャビン内には鏡やTV、超嬉しいスマホの充電器と、なんとiPadまで!「なんなんだここ!」と感動しまくりでした。

センチュリオンキャビン&スパキャビン3

 

 

センチュリオンキャビン&スパキャビン4

3-8.起床~チェックアウト

私がドミトリー形式のホテルで目が覚めるタイミング、それは他の人のアラームがなった時です…。結構皆さんバイブにしてくれていないんですよね。音鳴らすんです。なので、今回は事前に耳栓を用意しました!(フロントで150円で買いました)これで自分のアラームが鳴るまで快眠です。ただ、自分のアラームのバイブが下の段に響くんじゃないかと思うと、音かバイブかどちらがいいのか分からないです。

起きた後はロッカールームで洗顔&着替え&化粧。寝ぐせ直しの味方、カールドライヤー(?)もあります。

館内着とタオルはロッカールーム内の回収カゴに入れればいいのでフロントまで持っていく煩わしさは無いです。準備が整ったら2Fのフロントでチェックアウト。お世話になりました~。

4.まとめ

今回センチュリオンキャビン&スパに泊まってみて良かった点と良くなかった点をまとめてみました。

4-1.よかった点

①アメニティが充実

一般的なホテルより(むしろ自宅より?)充実しているので、荷物が少なくてすみます!

②キャビンが広い

文句無しの広さです。荷物を持ち込んでも問題ないですし、男性が泊まれないのがもったいないくらいです。

③サウナがいい

サウナ気持ちよかったです。宿泊費にコミコミでサウナ使えるのは嬉しいですね。

4-1.よくなかった点

①お風呂のお湯がぬるい

これはショックでした。ぜひ遅い時間でも熱いお風呂のご提供をお願いします!

Share on Facebook6Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0Email this to someonePrint this page
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

皆様の感想、コメントなどお寄せください

*