カプセルホテル「東京銀座BAY HOTEL」に泊まってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
「東京銀座BAY HOTEL」アイキャッチ

やすまるメンバーH(26歳女性)です。東京への日帰り出張のはずが、仕事のトラブルで帰れなくなり、急きょ予約して泊まった「東京銀座BAY HOTEL」の宿泊体験記です。

「東京銀座BAY HOTEL」はホテルの入り口に足湯や提灯があり、外国人旅行者をターゲットとしているTHE和風(お江戸風?)のカプセルホテル。入口の足湯には驚きを隠せませんでしたが、オープンしたてで綺麗、女性専用フロアあり、カプセル広め、と口コミで高評価を受けているのが納得できる快適さです。

そんな「東京銀座BAY HOTEL」のホテル内の様子やアクセス、設備などの情報を紹介します!

1.「東京銀座BAY HOTEL」ってどんなところ?

「東京銀座BAY HOTEL」は2015年7月にオープンしたばかりのカプセルホテル。私が泊まったのは9月なのでまだ出来立てホヤホヤの時期でした。

元々あったオフィスビルをリノベーションしたようで、外観は全く新しくありませんが、内観は水回りを含めて綺麗で清潔。

男性と女性でフロアが分かれていて、私のような女性のひとり利用でも安心です。

「東京銀座BAY HOTEL」外観

 

1-1アクセス

ホテルから徒歩10分圏内の駅が5つありますが、私が今回利用したのは日比谷線の東銀座駅。

直接行けば6分で着くそうですが、地下鉄の出口を探すのに迷い、コンビニに寄りながら向かったので私は10分程かかりました。

ちなみにホテルと同じビルの1Fにローソンが入っているので、コンビニ立ち寄り不要ですよ!

住所 〒104-0061 東京都中央区銀座7丁目13−15
アクセス ・銀座線 新橋駅より 徒歩6分
・JR新橋駅より 徒歩8分
・日比谷線 東銀座駅より 徒歩6分
・大江戸線 築地市場駅より 徒歩8分
・丸ノ内線・銀座線・日比谷線 銀座駅より 徒歩10分

1-2料金・設備

今回は夕方の17:00過ぎに、仕事のトラブルで東京から帰れないことが決定し、急遽じゃらんで予約しました(トラブルでバタバタしている私を見かねて先輩が予約してくれました…。)

「東京銀座BAY HOTEL」のカプセルはTV付きとTV無しの2タイプあり、TV付きの方が若干(500円程)高くなります。

私が予約した(予約してもらった)のはTV付きのカプセルで、9月の水曜日の当日予約で、料金は1泊4,200円でした。

「東京銀座BAY HOTEL」のカプセル

4,000円台になるとカプセルホテルにしては少し高いかな?という印象ですが、TVなしだと3,000円台だし、銀座だし、なんせオープンしたての綺麗なところなので充分格安です。

料金 TV付き 3,888円~
TVなし 3,425円~
予約方法 公式HP、じゃらん、Booking.com、楽天トラベルなど
設備・アメニティ USB付コンセント、無線LAN(WIFI)、館内着、バスタオル、ハンドタオル、歯ブラシ、ドライヤー、シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ボディタオル、綿棒、ヘアブラシ
【男性用】ひげそり
【女性用】コットン

 

2.「東京銀座BAY HOTEL」に泊まってみました!

「東京銀座BAY HOTEL」は4F建てのビルで、1Fにエントランス、3Fにフロントがあり、2Fと3Fの一部が男性フロア、4Fが女性フロアです。ホテル内の様子を、撮ってきた写真と感想を交えてご紹介します。

2-1.エントランスに足湯

まずホテルについて驚くのが、エントランス部分にある足湯。銀座に足湯です。道行く人もびっくりです。

びっくりついでに入りたかったのですが、使える時間が限られているらしく、私がホテルに着いた時には既にクローズ状態でした…。

東京銀座BAYHOTELの足湯

2-2.フロントでは機械を使って支払い

エントランスからエレベーターを使ってフロントがある3Fへ。エレベーターを降りると手前にフロント、奥に男性フロアがありました。

オープンしたばかりだからか、フロントには4名もスタッフさんが待機。開店祝いのお花もたくさんありました。

フロント横には画面操作ができる大きな機械があり、「これでチェックインするのかな?」と思いつつも、とりあえずフロントのスタッフさんに名前を言ってチェックイン。

「東京銀座BAY HOTEL」チェックイン

他のホテル同様、用紙に名前を記入しカードキーをもらいます。そのあと支払いは横の機械を使うとのことで、機械を操作してお支払い。

領収書の出し方が分からずスタッフの方に確認すると、領収書はフロントで手書きの発行だそう…。

立派な機械と大勢のスタッフを効率的に使えていない感が否めませんでしたが…、雰囲気は◎。

2-3.女性専用フロアへ

チェックインを済ませ館内の説明してもらった後、4Fの女性専用フロアへ。

4Fへはエレベーターもしくは階段で上がれます。4Fに着くとフロアの入口に暖簾があり、お江戸感の雰囲気を醸し出しています。

「東京銀座BAY HOTEL」の女性フロア

暖簾をくぐると靴箱があります。

「東京銀座BAY HOTEL」靴箱

靴をしまったあと、フロア内に入りるにはセキュリティ上ロックがかかっています。(上の写真の右側部分)

ここでチェックイン時に受け取ったカードキーが登場!カードキーをかざしてフロアの中に入ります。

ちなみにAM2:00以降はホテルのエントランスの自動ドアが閉まってしまいますが、このカードキーをかざして出入りが可能です。

2-4.ロッカー

フロアに入るといきなりロッカー。カードキーに書いている番号がロッカーとカプセルの番号です。

大きな荷物はロッカーの中に入らないため、入口付近の大きな荷物専用スペースに置くようです。ただ施錠はできないため、不安な場合はフロントに預けるのがいいと思います。
「東京銀座BAY HOTEL」ロッカー

自分の番号のロッカーを見つけ、フロントでもらった説明書きを見ながらロッカーをOPEN。中にはメッシュバックに入ったタオル類、館内着、歯ブラシ、ヘアブラシ、コットン、綿棒、ボディタオルが入っていました。

歯ブラシを途中のコンビニで買ってしまったことをここで後悔。アメニティ情報はやはり事前にチェックするべきですね…。※アメニティの写真を撮り忘れてしまったので写真拝借

ロッカーは入り口近くで防犯カメラもあるので、着替えができません。とりあえず必要なものをメッシュバックに入れ、他の荷物をロッカーにしまいフロア散策へ!

2-5.シャワールーム

「東京銀座BAY HOTEL」には大浴場は無いので、シャワーのみです。

シャワーは6ブースあり、どのブースも扉を開けると手前が着替えスペース、奥がシャワー室という構造。

「東京銀座BAY HOTEL」のシャワールーム

シャワーブースには服をかけるハンガーや着替えを入れておける籠があります。

シャワー室にはシャンプー、コンディショナー、ボディーソープが完備されているため、こだわりが無い方は持ってこなくてOK!急遽泊まる人のために洗顔系があるとさらに嬉しかったです…。

「東京銀座BAY HOTEL」シャワー

2-6.洗面所

「東京銀座BAY HOTEL」の女性フロアにはドライヤーを使える部屋?が2か所ありました。片方は洗面台が無いため、お風呂上りは、下の写真の洗面所(トイレと洗面所がある部屋)を使用。

ウォーターサーバーもあったので水飲みながらドライヤーできました。

「東京銀座BAY HOTEL」洗面所

2-7.カプセルルーム

「東京銀座BAY HOTEL」にはカプセルルームが2部屋に分かれており、私はフロアの奥の部屋(下のマップの左下)でした。

「東京銀座BAY HOTEL」フロア
中に入るとこのようにカプセルが2段ずつ並んでいます。人がいたり、荷物を置いて外に出ているところは簾が閉まっています。

「東京銀座BAY HOTEL」カプセルルーム

私は下段でした。カプセルの中はこんな感じ。

「東京銀座BAY HOTEL」のカプセル

私のカプセルイメージは丸型なのですが、「東京銀座BAY HOTEL」のカプセルは四角。

TV付きのプランなのでカプセル内に薄型TVがあります。その他コンセント、鏡、ハンガー、物を置ける台がありました。

この台が水とかメガネとかちょっとした物を置けて、あると便利なんですよね。ちなみに私はTVは見ないので要らない派です!(先輩が予約を取ってくれたので文句は言えませんが…)

「東京銀座BAY HOTEL」カプセル内

中は思ったより広々していて、縦も横も女性なら充分。男性もまず問題ないと思います。

高さはあまりないので、体が硬い私はカプセル内での着替えが一苦労。諦めてシャワー室で着替えました。

マイナス点は、どのカプセルホテルにも言えますが、温度調整が効かないので暑かったのと少し乾燥しました。ハンガーに濡れたタオルを干しておけばよかったと反省です。

あと簾から光が漏れるので、完全に真っ暗にはなりませんでした。

2-8.ラウンジ

女性専用フロア内にラウンジがありました(男性のラウンジは3Fにあるようです)。フロア内にラウンジがあると館内着のままうろちょろできるの楽です。

ラウンジ内にはコンセント、自動販売機、電子レンジ、ポットがあります。コンビニ弁当やカップラーメンを食べたり、PCを使ったりと、皆さん(外国の方ばかりでしたが)思い思いに過ごしていました。

ちなみに有料ですが、フロア内にランドリーコーナーがあるので、長期の滞在にも向いているかもしれません。

「東京銀座BAY HOTEL」ラウンジ

3.「東京銀座BAY HOTEL」の感想

実際に「東京銀座BAY HOTEL」に泊まってみた感想をまとめてみました。泊まろうか悩んでいる方は参考にしてみてください。

3-1.よかったところ

*綺麗!清潔!*

個人的に最も重視するポイントです。オープンしたてだからというのもありますが、フロア内お掃除をしてるスタッフさんをよく見かけました。かなり◎です!

*カプセルが広い*

横幅が広い気がします。寝返りして壁に腕が当たるなんてことはありませんし、カプセル内で圧迫感を感じませんでした。先ほども書きましたが、ちょっとした物を置ける台があったもポイント高し!

*フロア内にラウンジがある*

「フロア内にラウンジあり」=「館内着で濡れた頭でうろちょろできる」のはとても便利です!ラウンジが別フロアで男性と共有だと、女子は「館内着で濡れた頭でうろちょろ」できませんから・・・。

3-2.よくなかったところ

*カプセル内の乾燥*

たまたまかもしれませんが、カプセルホテルを利用して初めて乾燥を感じました。

*洗顔系のアメニティが欲しい*

クレンジングと洗顔料、できれば化粧水と乳液もあると嬉しいです。安いのでなくても文句は一切ありませんが、今回の私ように急な宿泊の場合は、あるととても嬉しいです。

 

今回は急な宿泊でしたが、快適に過ごすことができました。ぜひ利用してみてください!

Share on Facebook5Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0Email this to someonePrint this page
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

皆様の感想、コメントなどお寄せください

*